中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国の花の名所、清明節休暇期間に見ごろを迎える
  ·   2016-03-25  ·  人民網
タグ: 花;清明節;社会
印刷

先祖を祭る中国の伝統的な祭日「清明節」(今年は4月4日)の休暇を目の前に控え、大勢の人が春の山へとピクニックに繰り出し花見をする計画を立てているところだが、人民網の旅行チャンネルは5か所の花の名所を特別に特集する。美しい風景を鑑賞する時には花を大切に扱い、決して摘みつけたりしないようマナーを守って鑑賞することをしっかりと覚えておこう。人民網が伝えた。

「お薦めの名所」 

北京のモクレンの花 

頤和園の仁寿殿、北海公園の瓊島の花見エリア、中国園林博物館、陶然亭公園北門、北京大観園、古塔公園、南口公園、康莊公園、北京市植物園木蘭園、北京動物園テナガザル館、南海子郊野公園の一角でもモクレンの花を観賞できる。見ごろは3月中下旬から4月中旬。

12345次のページへ
関連文章:
世界各地のさまざまな「春節ムード」
ノーベル物理学賞は日本とカナダの研究者に
中国女性の平均寿命、2010年時点で77.4歳に
団地の無人八百屋「セルフ野菜販売所」 成都
北京、結婚休暇最長10日取得可能へ 産休は最長7カ月
中国の花の名所、清明節休暇期間に見ごろを迎える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat