中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
第22回「日本企業に触れ、日本を感じよう」 中国大学生代表団が日本訪問
  ·   2018-06-12
タグ: 日本企業;中国大学生;中日交流
印刷

歓送会で記念写真を撮る中国大学生代表団の一行。 

日中経済協会の招きで、5月31日から6月5日にかけて、日本派遣事業である第22回「走近日企・感受日本(日本企業に触れ、日本を感じよう)」に参加する王占起副秘書長を団長とする中国大学生代表団33人が東京、京都、神奈川などを訪問した。人民網が報じた。

訪日期間中、同代表団は京セラや住友商事、三井住友銀行、テルモ医学育成センター、凸版印刷、ホテルニューオータニなどの大手企業を訪問し、その主な業務、イノベーション意識、人材育成などについて理解したほか、最先端技術や管理理念などを学んだ。また、名門の京都大学と早稲田大学も訪問し、日本の大学生と、教育、文化、キャリアプラン、人工知能、新エネ車など、共通の関心事をめぐる交流を行った。その他、京都の嵐山では周恩来総理記念詩碑を見学し、詩を朗読して偉人を追想し、中日友好の信念を一層固めた。京都・高台寺では日本の茶道、座禅を体験した。そのほか、同代表団は在日本中国大使館も訪問し、日中経済協会の会員企業の社員の家にホームステイした。

代表団歓送会が6月5日に開催され、王副秘書長や日中経済協会の伊沢正理事長らが挨拶したほか、中国の大学生代表も訪日の感想を述べた。

同代表団は、清華大学、中国人民大学、対外経済貿易大学、北京語言大学、首都医科大学、及び外交学院などの大学生で構成されていた。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年6月11日

12次のページへ
シェア:
第22回「日本企業に触れ、日本を感じよう」 中国大学生代表団が日本訪問--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: