中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
日本の人気小説、映画の中国版映画製作 文化の違いを乗り越えることが課題
  ·   2017-11-23
タグ: 映画;中日文化;中日交流
印刷

中国の映画市場では、作品のおもしろさを求める声が日に日に高まり、加えて中日文化交流が一層盛んになっているのを背景に、日本の人気小説や人気映画、ドラマの中国での映画化、リメイク版製作の権利が、中国の映画製作会社の間で人気になっている。ただ、両国の文化には違いもあり、その違いをいかに克服した作品作りをするかが、注目すべき課題となっている。(文:張曦。中国新聞網掲載)

 ——文化の違いをどう埋める?中国人の感情に合わせる 

韓傑監督がメガホンを握った「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も、日本の著名な作家・東野圭吾の人気小説を原作としている。

東野圭吾の代表作の一つでもある「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は今年、日本と中国でそれぞれ映画化された。日本版は、公開1週目で興行収入ランキングのトップに立った。そのため、12月29日に公開される中国版への期待も高まっている。

中国版映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の製作について、韓傑監督自身は難しいとは感じておらず、「両国の文化には相通じるものがある。そのため、青春激励型にし、中国人の感情に合わせたものにするという2点に注意した」と話した。

この2点に着目した上で、脚本チームは原作のストーリー、登場人物、出来事などに調整を加え、「純中国」の物語にした。例えば、男性3人だった主人公を男性2人と女性1人に変え、登場するレコードもビートルズのものからマイケルジャクソンのものに変えた。

脚本チームのメンバーの一人・宋嘯如氏は、「日本にも特有の文化、社会環境、人のタイプがある。それを、そのまま中国の物語に取り入れると、中国人にとってはおもしろさがなくなってしまう。それでも、今回の作品の核となっているのはやはり『ナミヤ雑貨店の奇蹟』」と説明した。

1234次のページへ
日本の人気小説、映画の中国版映画製作 文化の違いを乗り越えることが課題--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: