中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
外資ブランドが着目する「中国式」環境保護消費市場
  ·   2017-01-16
タグ: 外資;ブランド;経済
印刷

「環境保護関連産業は、中国ではかなり新しい産業であり、今まさに、導入段階と成長段階期の臨界期にある。だが、大気と水の環境がどんどん悪化し、空気清浄器市場の拡大・普及がますます本格化し、消費者の使用習慣レベルが向上するにつれて、中国における環境保護市場の潜在力が巨大化することは確実で、産業の将来性は極めて明るい」と、ハネウェルスマートハウス・ホームウェアグループ中華圏・高成長地域スマート・ホームウェア事業部の副事業部長兼バイスプレジデントを務めるDino Asvaintra氏は、このように指摘した。国際商報が伝えた。

環境問題が体に危害を及ぼすという人々の危惧の念が数年前から高まるにつれ、自己防衛意識と環境保護をベースにした消費市場が誕生、急成長している。そして、このような市場は、多くの国内企業の参入加速を促しただけではなく、数多くの外資企業を引き付けた。外資ブランドは、中国市場の特徴を踏まえて、商品の研究開発と提供を進めている。ハネウェル社もそのうちの一つだ。

Dino Asvaintra氏は、次のような見方を示した。

「米国の家庭は、室温コントロールに対する要求が極めて高い。このような状況から、米国のスマート・ホームウェアは、室温調節器からスタートして発展を遂げてきた。一方、中国では、人々の関心が大気汚染問題により多く向けられているため、ハネウェルは2015年に空気清浄機を発売し、市場から大きな反響を得た。さらにハネウェルは、飲用水も中国人にとって極めて大切な問題であることを見極め、2016年7月に浄水器を売り出した。これにより、中国の消費者のために空気清浄器と浄水器を一体化した室内環境健全化ソリューションプランが完成した。これに続き、ハネウェルスマート・ホームウェア事業は、E&ES(環境/省エネソリューション部門)およびHSF(ホームセキュリティ・防火部門)を結び付け、室内フレッシュエアシステムなどホームウェア分野におけるスマート連携・環境ヘルス製品の開発を引き続き推し進める方針だ」

「空気清浄器や浄水器など単品での市場シェア競争とは一線を画し、ハネウェルは、消費者のニーズに対し、表層(空気清浄器・浄水器)レベルから深層(家庭環境モニタリング・全体ソリューションプラン)レベルまで全てを網羅するブランドを開発していく」。

12次のページへ
外資ブランドが着目する「中国式」環境保護消費市場--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: