中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
「羅小黒戦記~ぼくが選ぶ未来~」が11月に日本で公開 豪華声優陣が話題に
  ·   2020-09-04  ·  ソース:人民網
タグ: アニメーション;映画;文化
印刷

中国のアニメーション映画「羅小黒戦記~ぼくが選ぶ未来~(原題:羅小黒戦記)」の日本語吹き替え版が11月7日から日本全国で劇場公開される予定で、このほどその予告動画が公開された。主人公・小黒(シャオヘイ)の声優には花澤香菜が、無限(ムゲン)は宮野真守、風息(フーシー)は櫻井孝宏がそれぞれ担当しており、ネットユーザーからは、「超豪華キャスティング」との声が上がっている。

「羅小黒戦記」は2019年に中国大陸部で公開され、興行収入が3億元(1元は約15.55元)を超える大ヒット作となった。同年、東京のミニシアター・池袋HUMAXシネマズで2週間の短期間上映が行われ、その際は中国語字幕版が上映された。同作品を見た、「鋼の錬金術師」の監督を務める入江泰浩、「モブサイコ100」の作画監督とキャラクターデザインを担当した亀田祥倫、「AKIRA」の原画を担当した井上俊之など、日本のアニメ界を代表するクリエイターたちが絶賛した。なかでも、入江氏はSNSで、「これを作った人達と競っていかないといけないのか、という気持ち。感服」とし、直筆による羅小黒のイラスト付きで、本格的な上映を期待する声を上げていた。

同作品における羅小黒は、子猫の姿をした妖精で、人間の森林開発により住処を奪われ、ひとり居場所を探して旅に出た。その途中で、最強の執行人と呼ばれる無限に捕獲されてしまい、一緒に旅に出かけることになる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: