中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
2019年もあと残り約1ヶ月、話題の映画12作品が続々と公開
  ·   2019-11-28  ·  ソース:人民網
タグ: 映画;興行収入;文化
印刷

2019年の映画市場は既に最終コーナーに入っている。現時点で、年間興行収入は累計582億元(1元は約15.5円)で、最終的に2018年の609億7600万元を超えるのはほぼ間違いないとみられている。残り約1ヶ月の間に、映画12作品が続々と封切られる予定で、同じ日に数作品が封切られるという熾烈な戦いも見ることができそうだ。北京青年報が報じた。

まず先頭を切って11月29日に封切られるのは、女優の趙薇(ヴィッキー・チャオ)や俳優の葛優(グォ・ヨウ)、喬杉(チャオ・シャン)らが出演する「両只老虎(Two Tigers)」、そして「007」で知られる俳優のダニエル・クレイグと「キャプテン・アメリカ」で知られるクリス・エヴァンスがタッグを組む「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」、盧庚戌(ルー・グンシュー)が監督を務める、人気の曲を映画化した「一生有■(■はにんべんに尓)」の3作品だ。

「両只老虎」は、葛優演じる不器用な誘拐犯が、人質にした頭の切れる女性に反対にうまく利用されてしまう物語。初めは仲が悪いものの、二人が少しずつ意気投合していくストーリーだ。

「両只老虎」の最大のライバルは同日公開の「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」。同作品では、ダニエル・クレイグ演じる私立探偵・ブノワ・ブランが自殺と見られていた小説家の死の真相を解明していく。英国のアガサクリスティの推理小説に作風が似ており、「007」のダニエル・クレイグと、「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスが共演するこの作品に、多くのネットユーザーが注目しており、「今年絶対に見ておきたい映画トップ10」に入っている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: