中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
日本、ポーランドに敗れるもグループリーグ2位でベスト16進出
  ·   2018-06-29
タグ: W杯;日本;文化
印刷

試合後にゴールキーパーの川島永嗣選手(写真右)と握手を交わす日本代表の西野朗監督(写真左、6月28日、撮影・楊磊)。

ロシア・ヴォルゴグラードで現地時間28日に行われた2018ロシアW杯グループHの試合で、日本代表はポーランド代表に0対1で敗れたものの、グループリーグ2位でベスト16に進出となった。新華網が伝えた。

同時刻に別会場で行われたグループHの試合では、コロンビア代表が1対0でセネガル代表を下し、勝ち点6でグループリーグ1位となった。日本とセネガルは勝ち点4で並んだが、日本はセネガルよりイエローカードが2枚少なかったため、フェアプレーポイントでセネガルを上回り、グループリーグ2位でベスト16に進出が決まった。(編集YK)

「人民網日本語版」2018年6月29日

123次のページへ
シェア:
日本、ポーランドに敗れるもグループリーグ2位でベスト16進出--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: