中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
世界初の夜間光リモートセンシング衛星の打ち上げ成功
  ·   2018-06-05
タグ: 衛星;「珞珈1号」;文化
印刷

中国の酒泉衛星発射センターで2018年6月2日午後0時13分、キャリアロケット「長征2号D」で科学実験衛星「珞珈1号」が打ち上げられた。衛星は予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。「科技日報」が伝えた。

「珞珈1号」は長光衛星技術有限公司が初めて商業化受注方式を通じて受注し、武漢大学のために開発した衛星であり、また世界初の夜間光リモートセンシング衛星として、主に夜景によるリモートセンシングとナビゲーションの増強技術の実験・検証に利用される。同じくリモートセンシング衛星の「吉林1号」の技術的基礎を受け継ぎ、一体化構造の設計を採用し、機能が高度に集積されている。また高いシグナルノイズ比(SN比)でハイダイナミックレンジイメージの画像と大型振動アイソレータ、ソーラーパネル自動開閉などの革新的技術を大量に採用するとともに、スターセンサ2台が連動した方位測定など主流のリモートセンシング衛星のコンステレーションを採用し、高品質のリモートセンシングデータの取得を確実にしている。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年6月4日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: