中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
大学食堂が栄養価とカロリーを表示する精算システムを導入
  ·   2017-09-12
タグ: 大学食堂;栄養;文化
印刷

  南京航空航天大学の教職員・学生食堂はここ数年、新学期のたびに話題の中心となっている。2015年の改装でグレードアップした後、同校は2016年には「宇宙船」風の食堂が登場。ハイテクなスマート精算システムを導入し、航空・宇宙模型展示エリア、ボードゲームエリア、映画鑑賞エリアなどの展示と活動空間を設けた。これらは多くのネットユーザーを「また他大学の食堂のことか」と驚き嘆かせている。

同校の食堂は今年の新学期シーズンに、カラオケやデジタル投影などの機能を維持・増設したほか、精算システムをよりスマートに進化させた。教職員と学生らがスマート精算システムを利用する際には、栄養価とカロリーが自動的に表示される。紹介によると、スマートシステムは近い将来、これらの食事のデータに基づき、微信(WeChat)を使い運動・フィットネスを提案し、データのリアルタイム管理を実現できるようになるということだ。

同校は昨年より一部食堂でハイテクなスマート精算システムを導入している。チップ内蔵の食器を精算エリアに置くと、2秒で自動的に料金が表示され、精算が便利だ。同校は今年、明故宮キャンパスの教職員向けレストランで、栄養価とカロリーを表示するスマート精算システムを導入し、教職員と学生から好評を博している。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年9月11日

 
大学食堂が栄養価とカロリーを表示する精算システムを導入--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: