中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
3D技術、文化財に命を吹き込む
  ·   2016-01-08
タグ: 文化財;3D技術;文か
印刷

入場し「銅鍍金二竜戯珠陰文聖旨合符」という札をもらうと、皇帝への謁見が許される--。これは台北の松煙文創園区で開幕した特別展示会「神会乾隆宴」での一幕だ。人民日報海外版が伝えた。

台北故宮博物院の文化・クリエイティブグッズが近年好評を博している。台北故宮博物院は今回、3Dプロジェクターとデジタル技術により、文化財の当時と今の姿を示し、沈黙する静かな文化財を、見て聞いて遊ぶことのできるものに変え、時代を超越する体験を提供した。

主催者は創意を発揮し、文化財をバーチャルな歴史のシーンの中に置き展示した。見学者がもらった札は通行証であり、身分証でもある。古い鏡の前に置かれたカードリーダーのような装置に札を置くと、鏡の中に清王朝の衣装を着た人物が登場する。これは見学者の「前世」の顔だ。

見学者は職員に案内され、乾隆帝が最も好んだ「三希」(東晋時代の3つの書)を楽しむことができる。自分で書を楽しみたい見学者は、「書道の滝」の前で水を墨の代わりにし、池のそばで書を楽しむ優雅なひとときを体験できる。3D技術は見学者に、文化財と近距離でふれあう可能性をもたらした。(編集YF)

「人民網日本語版」2016年1月8日

3D技術、文化財に命を吹き込む--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: