中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
習近平国家主席 アジア文明対話大会開幕式で語った4つの主張
  ·   2019-05-15  ·  ソース:北京週報
タグ: アジア文明対話大会;北京;政治
印刷

アジア文明対話大会が5月15日午前、北京で開幕した。習近平国家主席は開幕式に出席し、基調演説を行った。 

習近平国家主席は演説の中で、アジアの人々は平和で安定し、共同に繁栄し、開かれた通じ合うアジアを期待していると指摘し、また4つの主張を掲げた。 

第一に、相互尊重と平等対処を堅持する。いずれの文明も自己を育んだ土地に根ざしたものであり、一つの国家、一つの民族の非凡な知性と精神的追求が凝縮しており、すべてが自身の存在する価値を有している。我々は平和と尊重を堅持し、傲慢や偏見を捨て、自己の文明と他の文明の差異性への認識を深め、異なる文明間の交流と対話、調和的な共存を推し進めるべきだ。 

第二に、「人の美を美とし、美と美共に与る(他国の長所を学び、互いに文化を学び合う)」を堅持する。いずれの文明も美の結晶であり、創造の美をはっきりと表している。我々は自国の文明を生き生きと活力に満ちたものにするだけでなく、他国の文明の発展のために条件を創り出し、世界の文明が花々のように互いに美しさを競うようにすべきだ。 

第三に、開放性と包摂性、相互学習と相互参考を堅持する。交流と相互参考は文明の発展における本質的な要求だ。他の文明との交流と相互参考、長所を取り入れ短所を補うことで、旺盛な生命力が保たれる。我々はすべてを受け入れる広い包摂的な心で文化交流の壁を取り払い、異なる性質のものも受け入れる姿勢をもって他の文明の良さを汲み取るべきであり、アジア文明が交流と相互参考で共に前進することを促すべきだ。 

第四に、時代と共に前進し、イノベーション発展を堅持する。世界文明の歴史はひとつの法則を示している。いかなる文明も時代とともに歩み、時代の精髄を常に取り入れるべきだ。我々はイノベーションを用いて文明発展の原動力を加え、文明進歩の源泉を活性化し、時空を越え、恒久的な魅力に富んだ文明の成果を絶えず創造すべきだ。 

「北京週報日本語版」20195月15 

シェア:
リンク
人民中国
中国網チャイナネット
人民網日本語版
中国国際放送局
新華ネット
駐日本中国大使館
 
東方網

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: