中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
習近平主席「グローバル・ガバナンス改革に中国の力を注ぐ」
  ·   2018-06-22
タグ: 改革開放;中国経済;政治
印刷

習近平国家主席は21日、「世界CEO委員会」特別円卓サミット出席のため訪中した有名多国籍企業のトップと釣魚台迎賓館で懇談した。新華社が伝えた。

習主席は「中国が世界に扉を開き、改革開放を実行してからすでに40年になる。本日出席した各企業はいずれも中国の改革開放の重要な参加者、貢献者、受益者であり、中国と絶たれることのない縁を結んだ。過去40年間に中国には多大な変化が起き、中国経済は高度成長を続け、国連の基準で7億人余りが貧困から脱却した。新たな征途を展望すると、われわれは改革開放への自信を強め、対外開放が中国発展の鍵を握る手段であることへの確信を強める」と指摘。

また、「2017年以降、世界経済は安定・好転基調を呈しているが、依然成長力に乏しく、保護貿易主義、孤立主義、ポピュリズムなどの思潮がはびこり、世界の平和と発展の直面する試練は厳しさを増している。殷鑑遠からず。新たな情勢の下、開放はいつまでも止めず、質を追求すべきであり、協力は団結し助け合い、共に試練を迎え撃つべきであり、ウィンウィンは未来志向で、手を携えて進むべきだ。国際社会は1つの地球村であり、ゼロサムゲームをすべきではない。世界の運命は各国が共に握るべきであり、国際ルールは各国が共に定めるべきであり、世界の問題は各国が共に対処すべきであり、発展の成果は各国が共に分かち合うべきだ。中国側は世界各国と共に手を携えて人類運命共同体を構築することを望んでいる」と強調した。

さらに、「『一帯一路』イニシアティブは5年間で、各国の潜在力を十分に掘り起こし、沿線各国の人々に幸福をもたらした。『一帯一路』は閉鎖的ではなく、開放的・包摂的なものだ。中国の独奏ではなく、沿線諸国の合唱だ。われわれは多国籍企業が中国企業と協力を展開し、互恵・ウィンウィンを達成し、実務的成果を一層得ることを奨励する」とした。

123次のページへ
シェア:
習近平主席「グローバル・ガバナンス改革に中国の力を注ぐ」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: