中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
習近平主席「カザフスタンと手を携えて前進し助け合う」
  ·   2018-06-08
タグ: 上海協力機構;「一帯一路」;政治
印刷
習近平国家主席は7日、カザフスタンのナザルバエフ大統領と人民大会堂で会談した。新華社・姚大偉記者 撮影

習近平国家主席は7日、カザフスタンのナザルバエフ大統領と人民大会堂で会談した。両国首脳は両国の伝統的友情を揺るぎないものにし、民族復興の征途において手を携えて前進する考えで一致した。新華社が伝えた。

習主席は「中国の夢とカザフスタンの夢はいずれも人々中心の発展理念及び素晴らしい未来への追求を体現している。中国とカザフスタンは手を携えて前進し、助力し合い、輝き合う必要がある。中国側はこれまで同様にカザフスタン側の内外政策を断固として支持する。カザフスタン側と『3つの勢力』(極端な宗教勢力、民族分裂勢力、テロ勢力)への打撃などの面で協力を深化し、国際・地域問題での意思疎通と協調を緊密化したい」と表明。

「過去5年、国際社会は『一帯一路』イニシアティブに前向きに応じてきた。『一帯一路』イニシアティブが前向きな成果を得ることができた鍵は、世界平和・発展の潮流に順応し、関係国の発展協力の現実的ニーズに合致したことにある。『一帯一路』はすでに人類運命共同体の構築を後押しする重要な実践となっている。中国とカザフスタンによる『一帯一路』共同建設をめぐる5年間の協力は、すでに深い融合と相互促進の新たな段階に入った。双方は政策協調を強化し、シルクロード経済ベルトと新経済政策『ヌルリ・ジョーリ』(明るい道)の連携協力計画をしっかりと実行に移し、生産能力、投資、経済・貿易、エネルギー、金融、コネクティビティ強化、農業、イノベーションの各協力を推し進め、人的・文化的協力に新局面を開く必要がある。中国側はカザフスタン側と協調を強化し、上海協力機構(SCO)の各分野の協力を新たな段階へ押し上げ続け、アジア信頼醸成措置会議(CICA)全体の協力水準を高め続けて、地域の安全と発展の需要により良く資するようにしたい」と表明した。

ナザルバエフ大統領は「カザフスタン側は『一つの中国』政策を堅持し、『3つの勢力』に断固として打撃を与える。引き続き中国側と国際問題で支持し合い、SCOとCICAの枠組での意思疎通と協調を緊密化したい。新経済政策『ヌルリ・ジョーリ』と『一帯一路』建設の連携を強化し、各分野で両国の協力を深化したい」と表明した。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年6月8日

シェア:
習近平主席「カザフスタンと手を携えて前進し助け合う」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: