中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
国際社会はSCO青島サミットに大きな期待
  ·   2018-05-31
タグ: 上海協力機構;一帯一路;政治
印刷

6月上旬、上海協力機構(SCO)加盟国の首脳理事会第18回会議が山東省青島市で開催される。 

上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会の第18回会議(上海協力機構首脳会議)が6月9日から10日にかけて山東省青島市で開催される。青島サミットはSCO加盟国拡大後初のサミットであり、中国にとっては今年2回目の重大なホームグラウンド外交でもある。人民日報の取材に外国の専門家や学者は、SCOが青島から改めて出発し、さらに大きな共通認識を形成し、加盟国拡大によるメリットを発揮し、SCO発展の壮大な新たな道程を開くことへの期待を表明した。

■共同発展、協力・ウィンウィンの新たな模範を確立 

相互信頼、互恵、平等、協議、多様な文明の尊重、共に発展を図るという「上海精神」はSCOにとって存続・発展の根幹であり、最も貴重な経験と財産でもある。

モンゴル科学アカデミー国際関係研究所の顧問は「まさに『上海精神』の発揚を堅持することで、SCO加盟国は相互尊重、公平、正義、協力・ウィンウィンという新型の国際関係の模範を確立した」と指摘した。

カザフスタン中国研究センター長は「SCOは発足以来、多大な成功を収めた。これは建設的対話制度と最大範囲の共通利益の追求を堅持したことによる。これはSCO特有の魅力でもある」と指摘した。

インド・ムンバイORF会長のSudheendra Kulkarni氏は青島サミットに、習近平国家主席が昨年のアスタナサミットで策定を提唱した「上海協力機構加盟国長期善隣友好協力条約」の今後5年間の実施綱要、次の段階の各分野の協力の方向性など、各国の政治的共通認識をさらに協力の成果に変えることへの期待を表明した。

■強みを発揮し、加盟国拡大の潜在力を存分に発揮 

インド、パキスタンの加盟によって、SCOは最も広大な面積と最も多くの人口を擁する地域的国際組織となった。カザフスタン中国研究センター長は「広大な地理的空間はSCO加盟国間の経済・貿易協力に広大な舞台を提供した。大きな人口資源は経済・貿易協力に無限のビジネスチャンスを創造した」と指摘した。

パキスタン国立科学技術大学中国研究センターのZamir Awan副センター長は「SCOは『理想のプラットフォーム』だ。SCOでパキスタンは各国との結びつきを強化できるだけでなく、より速くより良い発展の機会も得る」と指摘した。

モンゴル科学アカデミー国際関係研究所の顧問は「新たな国々の加盟にともない、開放・包摂を堅持し、各国と様々な形式、幅広い分野で協力を展開するSCOは、引き続き国連など国際・地域組織との交流や協力を拡大し、必ずや世界の恒久平和と共同繁栄の促進に新たな、一層の貢献をする」と指摘した。

■開拓進取、実務協力を鋭意推進 

昨年のSCO加盟国政府首脳(首相)理事会第16回会議の共同声明で、各国首相は中国側の打ち出した「一帯一路」イニシアティブへの支持、相互尊重、平等及び互恵の原則を基礎に持続可能な発展を促進する国際・地域・国別イニシアティブの連携・協力への支持を表明した。

ロシア独立国家共同体研究所のZharikhin副所長は「『一帯一路』イニシアティブには建設的意義があり、全ての参加国が利益を得られる」と指摘した。

モンゴル科学アカデミー国際関係研究所の顧問は「『上海精神』と『一帯一路』イニシアティブの堅持する『共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う』との原則は一致する。中国が『一帯一路』の枠組でSCO加盟国間の経済協力の推進に努力するにともない、将来各国は『一帯一路』の枠組で経済協力水準がより高まり、利益の合致度がより高まり、最終的に利益共同体の方向へ発展する」と指摘した。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年5月29日

シェア:
国際社会はSCO青島サミットに大きな期待--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: