中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
李克強総理が中日平和友好条約締結過程の日本側代表と会見
  ·   2018-05-14
タグ: 中日関係;中日平和友好条約;政治
印刷

李克強総理は10日午前、中日平和友好条約の締結過程に関わった日本側の代表及びその家族と滞在先の東京のホテルで面会した。

李総理は「40年前、両国の上の代の指導者は遠い将来を見通して、戦略的決断を下し、中日平和友好条約を締結し、中日共同声明の原則を法的形式で確認し、これを厳格に従うべき法的意志に高め、中日の世々代々の友好、平和共存の大きな方向を確立した。40年後の今日、双方は引き続き条約を導きに、一層の決意を示し、一層の努力を払い、相互信頼を増進し、共通認識を凝集し、摩擦や溝を適切に処理し、中日関係の正常な軌道への復帰及び新たな発展を共に推し進めるべきだ」と表明。

「近年の中日関係発展の歩みは、中日平和友好条約など4つの基本文書の原則と精神を遵守して初めて、両国関係は安定的発展を実現できるということを証明している。現在の中日関係のようやく得られた改善の勢いを大切にし、条約の精神を大いに発揚し、中日関係の新たな発展を推し進め、両国民と国際社会に安定の前向きな期待を示すべきだ。みなさんが引き続き中日友好に関心を寄せ、これを支持し、両国関係の新たな船出、長期的で安定した航行のために新たな貢献をすることを希望する」とした。

会見には福田康夫元首相、河野洋平元衆院議長、園田直元外相の子の園田博之氏、中曽根康弘元首相の子の中曽根弘文氏、及び当時中日平和友好条約の締結作業に関わった元外務省幹部ら20人余りが出席した。日本側出席者は日中平和友好条約締結の歴史を振り返ったうえで、李総理の発言に完全に賛同すると表明。日中関係の改善と健全で安定した発展の維持への強い自信を示し、条約締結40周年を契機に、手を携えて協力し、日中友好協力の新たな一層の発展を後押ししたいとした。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年5月11日

シェア:
李克強総理が中日平和友好条約締結過程の日本側代表と会見--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: