中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
外交部、米側は経済的脅しと覇権を止めるべき
  ·   2018-03-28
タグ: 中米経済;貿易;政治
印刷

外交部(外務省)の華春瑩報道官は26日の定例記者会見で「米側が経済的に屈服する時代は終わった」との米高官の発言について「米側は経済的脅しと覇権を止めるべきだ」と述べた。

【記者】報道によると、米副大統領は最近、米国が中国からの輸入品に課税する計画であることについて、米側が経済的に屈服する時代は終わったと表明した。米商務長官は、このために戦うのではなく、最終的には問題について交渉を行うとした。これについてコメントは。

【華報道官】「米側が経済的に屈服する時代は終わった」と言うより、「米側は経済的脅しと覇権を止めるべきだ」と言う方がよい。

21世紀において、国際貿易に必要なのは規則であり強権ではないことを米側は理解すべきだ。

中国側は一貫して世界貿易機関(WTO)の規則を遵守し、WTOを中核、規則を基礎とする透明で、非差別的で、開放的、包摂的な多国間貿易体制を維持し、相互尊重と平等互恵の精神に基づき、交渉と協議を通じて経済・貿易摩擦問題を含む互いの溝を解消することを主張している。

実際には、中米双方は一貫して経済・貿易問題について協議を行なっている。われわれには、いかなる状況下でも国の正当で合法的な利益をしっかりと守る自信と能力がある。米側が理性的で慎重な決定と選択を行うことを望む。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年3月27日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: