中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
両会で注目される中日関係 専門家の目に映る緩和と懸念
  ·   2018-03-08
タグ: 中日関係;両会;政治
印刷

中国にとって3月は「全国両会」(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)シーズンだ。中日関係の発展に関心を持つ人々にとって、3月は中日関係が回復・改善という良好な発展の道へと真に向かうことへの期待を抱く時期とも言える。(文:厖中鵬・中国社会科学院日本研究所副研究員) 

最近の中日関係には前向きで注目に値する好転の兆しが生じている。日本政府要人は中日関係緩和に向けた積極的なメッセージを立て続けに発している。これは良い兆しであり、肯定に値すると言えよう。2018年は中日関係にとって、大変非凡な1年であり、中日平和友好条約締結40周年にもあたる。このような特別な年に、中日関係が転機を迎えることができれば、中日平和友好条約締結40周年にとって最良の記念となる。

全国政協第13期第1回会議の王国慶報道官は2日、中日関係に関する記者の質問に答えた際、「中日関係にはいい時も悪い時もある。その原因は、歴史問題に対する日本政府の認識が二転三転する点と中国を日本の戦略的ライバルと見なす日本の一部政治屋の狭い考えにある。過去の忘却を試み、歴史を直視する勇気のない国が尊敬を得るのは難しく、一心に近隣国を戦略的ライバルと見なそうとする国は未来を得られぬ運命にある。上の世代の政治家が提唱した『歴史を鑑として未来に向かう』という言葉を真に成し遂げ、両国民の幸福を真に出発点とすることさえできれば、中日関係は必ずこの『いい時も悪い時もある』の悪循環を脱することができる」と指摘した。

では、どうすれば中日関係を真に好転させ、安定した道へ向かわせることができるのだろうか?

第1に、日本側は歴史問題と領有権問題が「大したことではない」といったような小さな問題ではないことを明確に認識するべきだ。日本側は歴史問題と領有権問題が中日関係における「レッドライン」であり、中日関係における「高圧線」であることを知るべきだ。日本側は歴史問題と領有権問題の扱いにおいて、終始畏敬の念を抱き、歴史問題と領有権問題は高度に敏感な問題であることを常に銘記すべきだ。もし日本側が歴史問題と領有権問題で逸脱することも辞さないのなら、必ず大きな代償を払うことになる。

12次のページへ
両会で注目される中日関係 専門家の目に映る緩和と懸念--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: