中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
中国は発展のチャンスを世界と共有
  ·   2017-11-21
タグ: 中国;発展;政治
印刷

米タイム誌アジア版最新号の表紙は示唆に富む。五星紅旗を象徴する赤と黄の地色に中国語と英語で「中国が勝った」と書いてある。表紙の意味するものを示すのに中英両国語を用いたのは、創刊以来初だ。新華網が伝えた。

記事は経済、政治、社会分野の中国の誇らしい成果を列挙。今日の中国の政治・経済制度について、第2次大戦後の国際体制を主導した米国モデルより整っており、さらに持続可能ですらあると指摘した。

第19回中国共産党大会後、中国は新たな歴史的出発点に立った。中国はどこへ向かうのか?世界は多元的を必要としている。中国の案はどのような知恵を貢献できるのか?外国の多くの学者は、より明晰で系統的な答えを望んでいる。国際シンクタンクシンポジウム「第19回党大会:中国の発展と世界的意義」(主催:中国社会科学院、中国国際経済交流センター)が先日北京で開催され、世界30余りのシンクタンクの数百人の学者や政界要人が白熱した議論を繰り広げた。

■中国共産党が正しかったこと

中国の変化に関して、ボアオ・アジアフォーラム理事長を務める日本の福田康夫元首相は「自動車は大変少なく、いたるところ自転車の行列だった」と30数年前の北京・長安街の風景を思い起こし、「今は全く違う。中国は10年で2万キロ余りの高速鉄道を建設した。これは日本を遥かに超えるスピードと効率だ」と語った。

ケニアアフリカ政策研究所のPeter Kagwanja所長は中国の高速鉄道に深い感情を抱いている。中国の支援で建設された鉄道によってモンバサーナイロビ間は2時間まで短縮され、ケニア経済の発展を支えている。Kagwanja氏は「中国は世界の発展の歴史における先例だ。中国モデルはわれわれに希望をもたらした」と語った。

中国社会科学院の蔡昉副院長は「過去40年余り、世界の貧困削減事業に対する中国の寄与率は70%を超え、貧困削減事業で中国の知恵を創造し、数多くの発展途上国の参考になった」と指摘した。

2008年の金融危機後、西側は根本的な制度変革を実現するどころか、制度の硬直化や大きな矛盾を生じている。中国は社会主義市場経済路線を堅持し、世界経済成長の「ギアチェンジ期」に冷静に対処し、世界経済への寄与率が30%を超え、世界経済の「バラスト」及び「ブースター」となっている。

西側の現代化モデルを単純に踏襲するのではなく、世界、国、党の状況の変化に立脚し、現代化の各段階で必要な事に基づき指導思想の内包と外延を発展させる。これが中国共産党が国の現代化を推し進めるうえで肝要なことだ。

「われわれは長年の実践と努力を経て、西側から伝わった概念である社会主義の中国化に成功した」と、中国人民大学国際問題研究所の王義桅所長は指摘した。

中国現代国際関係研究院の袁鵬副院長は「中国の案は自己強化による発展を図る世界の国々に新たな選択肢を提供した」と指摘した。

12次のページへ
中国は発展のチャンスを世界と共有--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: