中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
中国の影響力が際立つAPEC
  ·   2017-11-13
タグ: APEC;一帯一路;政治
印刷

今年はダナンで、アジア太平洋諸国が共にアジア太平洋の開かれた発展という方向性を維持し、共にアジア太平洋発展の新たな原動力を掘り起こし、共に将来の協力について新たなビジョンを描いた。これは人心の向かうところである。 

周辺外交新時代の特徴 

習主席が第19回党大会後初の外国訪問先にベトナムとラオスを選んだことは、中国が中越、中老の善隣友好関係強化と、全面的協力の推進を極めて重視していることを十分に体現している。ベトナム、ラオスも習主席の訪問を極めて重視し、熱い期待を寄せている。 

国際関係学院の李春霞副教授は次のような見方を示す。「中国共産党第19回党大会閉幕後、習主席が国際多国間会議に出席するのはこれが初めてであり、初の外国訪問となる。これは中国の多国間外交の舞台に対する重視と、中越関係と中老関係に対する重視を十分に示すものだ。ベトナムは中国の重要な隣国であり、中越両国は歴史、文化、経済、政治制度などの面で密接なつながりを持ち、多くの共通利益がある。年内に両党・両国の最高指導者の相互訪問が実現したことは、中越両国が2国間関係を極めて重視していることを十分に体現している。今回の訪問は中越の全面的戦略協力パートナーシップをより健全かつ安定的に発展させるだけでなく、新時代の中国の特色ある外交の豊富な内容を世界に示すことだろう」。 

近年、中国とラオスの両党・両国の指導者は絶えず相互訪問を行っており、双方は中国-ASEAN、瀾滄-メコン川、「一帯一路」枠組み内の協力を積極的に推進してきた。全長400キロ以上に及ぶ中国ラオス鉄道は、中国が主に投資・建設し、共同運営し、中国の鉄道網と直接つながる域外鉄道プロジェクトであり、両国の協力を円滑にするだけでなく、地域の相互連結も促進するだろう。 

「北京週報日本語版」2017年11月13日 

前のページへ12
中国の影響力が際立つAPEC--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: