中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
第13回「北京-東京フォーラム」 12月に北京で開催
  ·   2017-04-19
タグ: 中日関係;安全保障;政治
印刷

「北京-東京フォーラム」記者会見の会場(李芳芳・本誌記者撮影) 

4月18日、中国国際出版集団と言論NPOは北京市内で「北京-東京フォーラム」の事前協議および記者会見を行い、本年秋以降(12月頃)を目途に第13回「北京-東京フォーラム」を北京で開催すると発表した。 

記者会見には、中国側から中国国際出版集団の張福海総裁や王剛毅副総裁氏らが、日本側から国際文化会館の明石康理事長や言論NPOの工藤泰志代表らが出席した。 

中日関係の課題に向き合う民間対話の舞台として2005年に発足以来、今年で13回目を迎える「北京-東京フォーラム」。今年は中日国交正常化45周年という重要な契機をしっかり把握し、「より開放的な国際経済秩序とこの地域の平和に向けた中日協力」をメインテーマに掲げ、5つの分科会(「政治・外交」、「経済・貿易」、「メディア」、「安全保障」、「特別」)を設置し、フォーラム最終日にはコンセンサスを発表する。また、今年も中日関係についての世論調査を中日両国で実施し、フォーラム開催前に発表する。 

記者会見では、中日双方が安全保障対話の場を常設することに合意したと発表され、工藤氏は「今後は安全保障問題の認識の共有をより深めていくことになる」と語った。 

「北京週報日本語版」2017年4月19日 

第13回「北京-東京フォーラム」 12月に北京で開催--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: