中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
王毅外交部長「朝鮮半島情勢の危機に強い警戒」
  ·   2017-04-17
タグ: 朝鮮半島;対話再開;政治
印刷

王毅外交部長(外相)は14日、フランスのエロー外相との会談後の共同記者会見で朝鮮半島情勢について中国側の見解を問われ、次のように表明した。新華社が伝えた。

最近米韓と朝鮮は真っ向から対立する、一触即発の、大変緊迫した状態にある。これはわれわれにとって確かに鋭意注視し、強く警戒すべき危険な局面だ。

中国は一貫して、情勢の緊張を激化させるいかなる言動にも断固として反対している。武力では問題は解決できず、対話こそが唯一の活路であることは歴史が何度も証明している。朝鮮半島問題においては、激しい言葉を放ち、大きな拳を振り上げた方が勝つのではない。ひとたび戦乱が起きれば、誰も勝者にはなれず、共に負ける結末となるだけだ。このためわれわれは各者に対して、口頭であれ行動であれこれ以上互いを刺激せず、威嚇せず、事態を取り返しのつかない段階、収拾不能な段階へといたらせないよう呼びかける。誰であれ朝鮮半島で戦争や混乱を起こそうとすれば、歴史的責任を負い、相応の代償を支払わなければならないことになる。

朝鮮半島の緊張が激化する中、われわれは対話・交渉再開を含む理性的な声が再び上がり始めていることにも留意している。これはまさにわれわれにとって、努力して探し求めてきた、そしてしっかりと捉えるべき機会だ。中国側はすでに「デュアル・トラック」アプローチ及び対話始動の第一歩である「相互停止」提案を打ち出した。これをさらに詰めて、実行可能な具体案を適切な時期に示したい。開かれた姿勢で、各者の有益な提案を受け入れたいとも思っている。対話再開の方法も柔軟なものでよく、対話でさえあれば、公式・非公式を問わず、単独・並行を問わず、二者間・三者間または四者間を問わず、中国側は支持する考えだ。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年4月17日

 
王毅外交部長「朝鮮半島情勢の危機に強い警戒」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: