中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> フォトギャラリー >> 本文
細やかな竹籤で骨組みを、趣ある唐門彩扎
  ·   2017-02-22
タグ: 重慶市;無形文化遺産;フォト
印刷
  唐門彩扎とは重慶市の無形文化遺産であり、重慶偏岩古鎮の豊かな歴史文化の秘蘊が潜む。技術や書画が全体に刻まれ、種類も多種多様だ。その昔古鎮の人々が集まる時、唐門彩扎の龍や獅子のまるで生きているような造形で、そのパフォーマンスはとても人気があったという。唐門彩扎の技術は清代まで遡ることができる。作品は竹籤で骨組みを作成し、紙を貼り彩色し装飾を施して完成するが、全ての工程は必ず手作業で行われなければならない。伝統的な龍や獅子といった形の他には、唐門彩扎の伝承者、唐乾太さんが言うには「天を飛ぶまたは水を泳ぐもの全てを造り出すことができる」とのこと。(新華社発 写真は全て秦廷富さんが撮影)

紙を貼った龍の尾に彩色を施す唐門彩扎の伝承者、唐乾太さん。 

12345次のページへ
細やかな竹籤で骨組みを、趣ある唐門彩扎--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: