中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
新型コロナウイルスとの闘いの中で迎えるバレンタイン
あなたと共に闘う愛
  ·   2020-02-14  ·  ソース:人民網
タグ: バレンタイン;新型肺炎;社会
印刷

中国全土が新型コロナウイルス感染と闘うこの特別な時期に、新型コロナウイルス感染防止・抑制の最前線で勇敢に立ち向かう無数の人々がいる。彼らは医療関係者や警官だけでなく、なかには平凡な末端組織の労働者もいる。彼らにも夫や妻、恋人がいるが、人々のためにそれぞれの家庭や恋人を犠牲に立ち向かっている。ウイルスは隔離しなければならないが、2人の愛を引き裂くことはできない。この特殊な状況で迎える今年のバレンタインデーに際し、感染予防・抑制の最前線で働く人々に敬意を表し、彼らの無事な帰りを心から祈りつつ、そんな彼らの感動的な9つのラブストーリーを紹介していこう。

 

① ガラス越しのキス「帰ってきたら、結婚しよう!」

「95後(1995年から1999年生まれ)」の看護師・陳穎さんの写真が、ここ数日ネットで大きな話題となっている。長時間にわたりマスクと医療用ゴーグルを着用し続けているため、陳さんの美しい顔には赤くうっ血した跡が残ってしまっており、見る者の心を痛めずにはいられない。2月4日午後6時半、浙江省の浙江大学医学院附属第四病院感染病棟の入り口は固く閉じられており、陳さんと恋人の黄千瑞さんは、ガラス越しにマスクをつけたままキスし、互いに対する思いを伝えあった。もともと、陳さんと黄さんは今年のバレンタインに婚姻届けを出す予定だったが、新型コロナウイルスの突然の襲来がこの計画をめちゃくちゃにしてしまった。黄さんは、「感染が収束して、彼女が病院から帰ってきたら、僕たちはすぐにも結婚届を出しに行くつもり」と力強く語った。

 

②「もしかして、あなた?」目元だけで愛する人を見分けられる?

浙江省の紹興市人民病院に共に勤務し、何日も顔を合わしていなかった一組の医師と看護師の夫婦が2月4日、久しぶりに病棟の廊下でばったり会った。「もしかして陳炳?」、「きみは小奇?」夫と妻は声と目元だけでたちまち互いを見分け、相手を指さして確認すると、軽くハグを交わした。そして2人はこのしばしの「再会」の後、それぞれの防護服をチェックして仕事に戻っていった。わずか20秒にも満たないこの「再会」に多くの人が涙し、「最も美しい愛のカタチ。必ず無事に帰ってきて欲しい」とコメントを寄せた。

 

③ 差し入れを届けに来た妻に最前線で働く警官が発したベタな愛のささやき

江西省九江で新型コロナウイルス感染の予防・抑制における最前線で働くある警官はもう何日も家に帰っていなかった。そこで妻は車で夫の勤務する辺鄙な場所にある検疫ポイントへと差し入れを届けにやって来た。

「こんな時期に来るなんて!もう来ちゃったんならしょうがないな。差し入れをここに置いたら、そのまますぐに家に帰るんだぞ」と、動画チャットでは妻に来るべきではないと「叱責」しながらも、車が見えるとすぐに、「見えた!あのライトをつけてる車だろ?」とうれしそうな声を挙げた。しかし妻が差し入れを手に車を降りて夫の方に歩み寄ってくると、警官は、「馬鹿だなぁ、こんな遠くまで来るなんて。きちんと家で待ってろって言っただろう?」と再び「塩対応」に。それでもすぐに、「あーもう、きみが恋しくってたまらないよ!会うこともできないし!」とついつい本音も。そんな警官のベタな愛のささやきにネットユーザーたちも思わず感動し、一日も早くウイルスの感染が収束し、この「英雄」たちが妻の元に帰れるよう祈った。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: