中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
鐘南山氏、「感染者数が減少に転じる時期の予測は困難、ピークは2月中下旬」
  ·   2020-02-12  ·  ソース:人民網
タグ: 新型肺炎;武漢;社会
印刷

武漢の新型コロナウイルス感染による肺炎治療の第一線で活動する広東医療チームのICUチームは11日午後、後方支援にあたっている広州医科大学附属第一病院と遠隔ビデオシステムを通じて症例カンファレンスを行った。鐘南山院士はオンライン動画を通じ、「現在の状況からして、感染者数の増加が減少に転じる時期を予測することはまだ困難だが、ピークは2月中旬か下旬になるとみられる。感染者数が減少に転じる時期は、春節(旧正月、今年は1月25日)連休帰省のUターンラッシュにおける感染予防・抑制状況によって決まる」と述べた。新華社が伝えた。

鐘氏は、「感染者数が減少に転じる時期を厳密に予測することは誰にもできないが、一部の数学モデル分析の結果に現状を結びつけて考えると、現在全国で感染者数が新たに増えるスピードはこれまでより徐々に落ちてきており、南方地域では2月中旬が発病のピークになるはずだ」と述べた。

中国全土における帰省先からのUターンはさらなる発病ピークを招く可能性があるのかという点について鐘氏は、「さらに高いピークが新たに出現する可能性はまずないだろう。なぜなら、連休を延長したことで潜伏期間をやり過ごすことができ、さらに各都市でも厳格な健康モニタリングが行われており、問題が見つかれば必ず隔離されるからだ」とした。

また鐘氏は、「武漢の状況については、まだ一定期間の努力が必要だ。なぜなら、武漢では現在も毎日の新たな感染者数に顕著な減少がみられないからだ。武漢がまずやらなければならないのは、感染者と被感染者を分けることだ」との見解を示した。また鐘氏は、「ヒトからヒトへの感染の問題については、武漢では依然として解決されていない」と述べた。

さらに鐘氏は、「重篤患者の治療には依然として一定の難度がある。新型コロナウイルス感染による肺炎はSARSとはかなり異なっており、治療にはまだ多くの模索が必要だ。現在の治療は、実際には通常の治療方法を超えたものだ。新型コロナウイルス感染による肺炎には独特な病理学的特性がある。抗ウイルスと抗炎症(抗ウイルスによって起こるサイトカインストーム)の二点が主な問題だ」とした。

鐘氏は、「十分な場所と十分な医師、優れた防護ツールがあり、我々の多方面からのサポートチームもいる現状から、武漢の状況は比較的早期に変わると信じている。しかし現在はまだかなり困難な段階にある」とは語った。(編集AK)

「人民網日本語版」2020年2月12日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: