中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中西部都市が「ネットで人気」になった理由とは
  ·   2019-07-09  ·  ソース:人民網
タグ: 都市;若者;社会
印刷

重慶市が延べ113億6千万回、西安市が89億1千万回、成都市が88億8千万回、これはショート動画アプリの抖音(Tik Tok)が発表した最新の2018年都市イメージショート動画再生データで、北京・上海・広州を抑えたのはこれらの西部都市だった。また武漢市や長沙市など中部都市もかなり上位にランキングされた。新華社が伝えた。

【魅力度アップ】クリエイティブなマーケティングで都市の新イメージをアピール 

重慶のビルを突き抜けて走るモノレールやオドロキの8D立体交差、西安の盃割り、成都のグルメなど、もともと再生回数の多い動画は多くの観光客や市民がネット上で自発的に拡散し、共有されてきた。地方政府はこの勢いを利用して、積極的にニューメディアを活用して都市についてのストーリーを発信し、相乗効果で「ネットで人気の都市」を作り上げた。

都市イメージの向上がもたらす最も直接的な効果は、文化観光産業の成長だ。

統計によると、今年の「五一」(メーデー)連休期間中、重慶の観光収入総額は前年同期比33.5%増となる200億元(1元は約15.7円)に達した。今年3月から、重慶は半年にわたる区・県「文化・風景をネットに発信」大型文化・観光アピールキャンペーンを始めており、ソーシャルメディアなどを使って「山水の城」重慶の景観と風格を発信している。

西部の国家中心都市である成都では、「三城三都」アクションプランを打ち出し、先進的製造業や現代サービス業、融合産業、都市現代農業などをカバーする産業機能区66ヶ所を全市で計画・建設している。

【若者を引き留める】年平均純流入数は十万 

ヒット曲「成都」が、「小さなバー」を文芸青年にとって憧れの場所にし、「串おでん」が、食いしん坊たちをすっかり魅了して去りがたい気持ちにさせ、一頭の「パンダ」が、「パンダファン」たちをこの天府之国に殺到させている。これらの「ネットで人気」の原因になった要素は、毎回の話題作りに貢献すると同時に、多くの人に成都での生活を快適で心地良く感じさせている。四川大学の新卒者である李春波さんもその一人だ。

「私は北方地域の出身だが、成都で4年間大学に通ううちに、今では離れられなくなってしまった」と李さんは言う。成都では、ハイテクエリアの一晩中明かりの消えないオフィスビルを目にすることもできれば、公園のにぎやかな茶館を体験することもできる。スピーディーさもスローさも適度にある状態が好きだったため、李さんは現地のハイテク企業への就職を決め、成都に根を下ろそうとしている。

恒大研究院が発表した最新の報告書によると、2015年から2018年までに、西安や成都、武漢などの都市圏の年平均常住人口増加数はいずれも20万人を超えている。2018年、西安の常住人口は38万7千人増加し、人口1千万都市の仲間入りを果たした。求職サイトの獵聘が発表した「2019年人材将来性趨勢ビッグデータ報告書」でも、西安、成都、武漢はいずれもミドル・ハイエンド人材の純流入率トップ10に入っている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: