中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
新就職者に最も人気の職業は獣医やスポーツジムのトレーナー 最新報告
  ·   2018-11-08
タグ: 就職;仕事;社会
印刷

最近ある2つの機関が共同で、江蘇省南京、北京、上海などの都市の新就職者関連のビッグデータを解析し、「2018年新就職者の仕事と生活の現状調査報告」を発表した。同報告は、新興職業に就いた新就職者の収入状況や好んでいる仕事などに関する情報を描き出している。統計によると、月収が最も多いのは獣医だ。また、育児師になった新就職者のうち3割が男性だった。北京晩報が報じた。

新興職業に就く新就職者が増加 

ここ数年、都市に住む人々の消費・需要が多元化し、プロフェッショナルなサービスのニーズも高まっているのを背景に、新興職業に就いた新就職者が増えている。例えば、獣医、スポーツジムのトレーナー、バーテンダー、月嫂(出産後の母子の世話をする専門の家政婦)などの新興職業に就く人が増加の一途をたどっている。

調査によると、南京ではペット系のサービス業者が増加しているのを背景に、獣医などの専門職に就く人が増加の一途をたどっている。

新就職者の収入は中・低水準と考えている人も多いだろうが、中国では、多くの労働者が製造業から生活サービス業に移っているほか、消費が高度化し、消費者の需要が日に日に個性化、多様化しているのを背景に、新就職者の月給も上昇している。統計によると、5000元(1元は約16.36円)が一つの大きな目安となっており、月給が5000元以上の新就職者が52.84%と、過半数を占めた。また、8000元以上も34.56%を占め、すでに多くのホワイトカラーの月収を超えている。

獣医、スポーツジムのトレーナー、バーテンダーが最も人気 

調査によると、南京の新就職者のうち、月収が最も多い三大職業は、獣医、スポーツジムのトレーナー、バーテンダーだった。うち、トップの獣医の28.57%の月収が2万元以上だった。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: