中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
北京、全長940キロの環状高速・七環路が間もなく開通
  ·   2018-03-08
タグ: 北京;高速道路;社会
印刷
建設中の北京新空港(撮影・雷声)。

北京首都地区環状高速道路のメイン道路が今年6月末に北京七環路として開通する予定だ。人民日報が伝えた。

同高速道路は全長940キロで、うち北京市内が約90キロ、河北省内が約850キロ。北京七環路の90%は河北省内を走ることになる。北京には環状線が複数あり、「七環路」が完成すれば、「六環路」の貨物車両の混雑を緩和できると期待されている。また、一層重要な役割として、北京-天津-河北の道路網のマッチング、一体化の全面的実現や北京・天津・河北エリアの主要都市が「1時間通勤圏」、主要都市と周辺の衛星都市が「30分生活圏」を形成するよう促すことが期待されている。

北京・天津・河北エリアは、中国で経済が最も活発な地域のひとつ。2016年、中国の国土面積の2.3%を占め、人口全体の8%が住む北京・天津・河北エリアの国内総生産(GDP)に対する寄与率は10%だった。また、北京・天津・河北エリア、特に北京の「大都市病」は深刻で、水が不足し、人口もほぼ飽和状態となっているほか、北京と天津は発展していても、周辺の中小都市は遅れているという不均衡な状態となっていた。

北京・天津・河北エリア協同発展は上記の問題解決に一役買う。うち、「軌道上の北京・天津・河北エリア」は重要なプロジェクト。北京・天津・河北エリアは、一体化した便利な道路交通網を整備し、現代化空港群、港群を構築し、交通運輸組織とサービスの現代化の水準を向上させ、首都を中心とする世界レベルの都市群構築を目指す。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年3月7日

12次のページへ
北京、全長940キロの環状高速・七環路が間もなく開通--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: