中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
杭州、小学生の睡眠時間確保のために登校時間を30分遅らせる条例実施
  ·   2018-03-07
タグ: 小学生;登校時間;社会
印刷

浙江省教育庁はこのほど、「小学校の登校時間を遅くする業務に関する指導的意見」を発表。新学期から、浙江省のすべての小学校が登校時間を遅らせることになった。小学1、2年生の登校時間は午前8時以降、授業は8時半以降に始めなければならない。新華社が報じた。

登校時間が遅くなることに関して、勝利実験学校に通う生徒の保護者・厳邵萍さんは、「これまでは、朝は読書をしなければならず忙しかったため、子供は午前7時までに起きなければならなかった。そのため、起きるのが20分遅くなっただけで、子供は自分ですべてのことを余裕を持ってすることができ、加えて自らソファーに座って読書をし、落ち着いて朝ごはんを食べてから登校できるようになった。見るからにとても気分がよさそう」と話した。

ただ、取材では、少し困惑気味の子供や保護者もいることが分かった。例えば、東園小学校2年の王子傑君は午前8時前に到着し、校門の前で待っていた。そして、お母さんは「気を付けてね」と王子傑君に言うと、8時半までに出勤しなければならないため、すぐにその場を離れていた。「登校時間が遅くなったのはいいこと。でも、私の出勤時間は変わらないので、子供を早めに学校まで送るしかない」という。

この新しい政策について、小学校2校の責任者も、「まだ慣れない」としていた。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年3月7日

杭州、小学生の睡眠時間確保のために登校時間を30分遅らせる条例実施--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: