中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
マカオのATM9割に新技術導入、大陸部の利用者は顔認証で現金引出しが可能に
  ·   2018-01-05
タグ: 顔認証;澳門;社会
印刷

澳門(マカオ)特別行政区政府(特区政府)金融管理局は3日、マカオでは現在までに1千台以上の現金自動預払機(ATM機)に顧客確認技術「KYC(Know Your Customer)」を導入したことを明らかにした。これにより各種銀行カードの利用者は、「KYC ATM」のシールが貼られたATM機で、顔認証で現金を引き出すことが可能となる。人民日報海外版が報じた。

金融管理局は、「マカオは2017年5月に初めてKYCを導入したATMを設置し、現在までに同技術対応のATM機はマカオの全ATM機の9割近くを占めている。銀聯やビザ、マスター、アメリカン・エキスプレスなど各種カードに対応している」と説明した。

大陸部のカード所持者も、「KYC ATM」の目印があるATM機で、大陸部の身分証明証で顔認証を受けた後、現金を引き出すことができる。1回の操作で最高5千マカオ・パタカ(約7万円)または相当額の香港ドルを引き出すことができる。マカオの銀行カードおよびその他地域の銀行カード所持者は、ATMの利用において影響を受けることはない。

金融管理局は、「近いうちに、マカオのATM機全てにKYC技術を導入する計画で、より多くの大陸部銀行のカードにも対応する。それにより、金融機関と大陸部銀行のカード所持者の合法的権益を守り、マカオにおける金融の安全を維持していきたい」としている。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年1月5日

マカオのATM9割に新技術導入、大陸部の利用者は顔認証で現金引出しが可能に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: