中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
2017年「新四大発明」で生活が変化
  ·   2017-12-20
タグ: 「一帯一路」;高速鉄道;社会
印刷

今年、「一帯一路」(「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海のシルクロード」)沿線20カ国の若者が中国の「新四大発明」として高速鉄道、ネットショッピング、支付宝(アリペイ)、シェア自転車を選定した。世界各地から集結した留学生にとって、中国で最も便利な生活スタイルである「新四大発明」はすでに彼らの生活の中にも溶け込んでいる。高速鉄道は都市間の距離を近付け、質の高い商品は発達しているECプラットフォームの力を借りて世界各地の消費者の手に届き、モバイル決済は財布を持たない外出を当たり前にし、シェア自転車は交通渋滞を緩和させた。「新四大発明」は近年における中国の科学技術革新の縮図であり、中国人の生活を変えただけでなく、世界の中国に対する認識も刷新させた。

2017124日に開業した西成高速鉄道(西安-成都)の始発便の乗務員(撮影・新華社薛玉斌記者)

1234次のページへ
2017年「新四大発明」で生活が変化--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: