中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国、発熱パックを利用した「インスタント火鍋」が話題  安全面は?
  ·   2017-11-30
タグ: 火鍋;食品;社会
印刷
インスタント火鍋の隠れた危険性はあまり知られていない(画像は人民日報から)。

発熱パックに水を注ぐだけで熱々の火鍋が食べられる「インスタント火鍋」が最近、中国の微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」で大きな話題となっている。「簡単で、おいしく、いろんな具を食べられる」ため、火鍋好きの間では大きな人気を獲得している。しかし、発熱パックの安全性に関して、消費者からの注目が集まっている。インスタント火鍋の売れ行きはどうなのだろう?安全性に問題はないのだろうか?広州日報が報じた。

ネットショップでは発熱パック付きのインスタント食品が大人気 

広州市内にある複数のスーパーを取材すると、インスタント火鍋は新商品であるものの、あまりPRはされておらず、種類も少なかった。

しかし、ショッピングサイト・淘宝を見ると、「発熱パック」、「インスタント」などをキーワードとするインスタント火鍋が大人気になっていた。最も売れている商品トップ10を見ると、1ヶ月の販売数が5万個以上というものも多く、1位の「自熱麻辣小火鍋」は11万個となっている。

インスタント火鍋は安全? 

筆者はインスタント火鍋を買って、開封後に中のタレや食材を上側の容器に入れ、水を注いだ。そして、加熱パックを取り出して容器の下側に入れ、パック全体が浸かるまで水を入れた。それから、上側の容器を下側の容器に入れ、蓋をすると約15分で熱々の火鍋ができた。蓋をして2分もしない間に、下側の容器の中から「ブクブク」という音が聞こえ始め、15分後には容器全体が膨らみ、熱いままだった。蓋を開けると、蒸気が上がった。食べている間も、火鍋はずっと熱々のままだった。

インスタント火鍋に安全性の問題はないのだろうか?発熱パック付きのインスタント食品は人気となっているが、加熱する時の隠れた危険性はあまり知られていない。加熱パックの主な原料は生石灰で、もしパックが破れてしまうと、水が急速に熱くなって容器が変形してしまう。また、中の空気が出る穴が塞がっていると、爆発する危険もある。そのため、広州消防局は、「水を注ぐ前に、必ずパックが破れていないか、空気穴が塞がっていないかなどを確認するように」と注意を呼びかけている。

12次のページへ
中国、発熱パックを利用した「インスタント火鍋」が話題  安全面は?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: