中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国鉄道「十三五」計画:2020年までに高速鉄道総距離3万キロに
  ·   2017-11-27
タグ: 「十三五」;高速鉄道;社会
印刷

中国国家発展・改革委員会(発改委)は24日、「鉄道『十三五(第13次五カ年計画:2016-2020年)』発展計画」を発表し、中国鉄道の発展目標を紹介した。中国高速鉄道の営業総距離は2020年までに3万キロメートルに達し、高速鉄道網は大都市の80%以上を網羅する見通し。中国新聞社が伝えた。

同計画の概要は次の通り。

鉄道網建設の方面では、中国鉄道の営業総距離は2020年までに15万キロメートル、そのうち高速鉄道は3万キロメートル、複線化率は60%、電化率は70%にそれぞれ達する見通し。

――高速鉄道ネットワークを拡張する。「四縦四横」主要幹線網の建設をベースとして、高速鉄道の建設は秩序立てて進められ、高速鉄道ネットワークをほぼ完成させる。

――幹線鉄道網の合理化・完備を進める。東部鉄道網を持続的に合理化・完備し、中西部鉄道網を引き続き拡大、西部と東部・中部との接続をさらに拡大、地域内の接続をさらに緊密化し、中西部鉄道網の総距離を約9万キロまで延ばす。国際鉄道の建設も秩序立てて進め、周辺国家の鉄道との相互接続を積極的に発展させる。

――城際(都市間)、市域(郊外)鉄道を秩序立てて発展させる。経済が発達し、人口が密集し、都市が密集しているエリアにおいて、都市間・市域(郊外)鉄道基幹ネットワークを形成し、都市間・市域(郊外)鉄道の総距離を約2千キロとする。

――総合中枢一体化接続を実現する。施設・設備の組み合わせが完全で、現代的かつ高効率の総合交通中枢を形成し、約3千キロの支線鉄道ネットワークを建設し、旅客輸送における「ゼロ距離」乗り換えと貨物輸送における「シームレス化」接続をほぼ実現する。

12次のページへ
中国鉄道「十三五」計画:2020年までに高速鉄道総距離3万キロに--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: