中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
民用空港配置計画発表 2025年までに三大「世界レベル空港群」を形成
  ·   2017-03-17
タグ: 空港;中西部地区;社会
印刷

国家発展改革委員会は15日、全国の民用空港の配置計画がこのほど正式に発表されたことを明らかにした。計画によると、2020年までに民用空港数を約260空港に、2025年には三大「世界レベル空港群」を形成する。2030年には、空港配置の改善はさらに進み、対象範囲もさらに拡大、サービス水準も上昇し続ける。経済参考報が伝えた。

計画の具体的な内容は次の通り。

(1)今後、東・中・西部の各空港を統括して共同発展を進め、中西部地区の空港数を重点的に増やし、隣接地域における行政区画による分割廃止を推し進め、共用空港を共同で建設する。2020年までに、民用空港数を約260ヶ所まで増やし、北京新空港や成都新空港など重大プロジェクトを竣工・開業し、一部のローカル空港を整備する。2025年までに、三大「世界レベル空港群」、国際ハブ空港10ヶ所、地域ハブ空港29ヶ所を整備する。北京・天津・河北、長江デルタ、珠江デルタ3地域に世界レベル空港群を形成・急発展させ、北京・上海・広州の国際ハブ空港としての競争力を強化する。成都・昆明・深セン・重慶・西安・ウルムチ・ハルビンなどの国際ハブ空港としての機能を強化する。2030年までに、空港配置をより改善し、対象範囲をいっそう拡大し、サービス水準の継続的上昇を図る。

(2)華北・東北・華東・中南・南西・西北各地域の六大空港群を整備する2025年までに、現有の空港をベースとして、新たに136ヶ所を新設し、全国の民用空港数を370ヶ所とし、約320ヶ所を建設する。このうち、華北空港群では、滄州・介休・正藍旗など16ヶ所が新設され、総数は48ヶ所となる。東北空港群では、鉄嶺・四平・綏化など23ヶ所が新設され、総数は50ヶ所。華東空港群は、嘉興・蚌埠・瑞金・寧徳・◇(草冠に河)澤など16ヶ所が新設され、総数は61ヶ所となる。

中南空港群については、周口・荊州・湘西・韶関・賀州・儋州など24ヶ所が新設され、総数は60ヶ所。南西空港群は、武隆・甘孜・威寧・楚雄など29ヶ所が新設され、計78ヶ所。西北空港群では、宝鶏・平涼・共和・石嘴山・塔什庫爾干・且末(兵団)など28ヶ所が新設され、総数は73ヶ所となる。また、内蒙古自治区の朱日和など38ヶ所の建設が検討されており、長期的には、民用空港の総数は408ヶ所前後となる見込み。(編集KM)

「人民網日本語版」2017年3月16日

 
民用空港配置計画発表 2025年までに三大「世界レベル空港群」を形成--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: