中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
従来のカラオケ凌駕する「ミニカラオケ」、分単位で課金や録音も可
  ·   2017-02-17
タグ: インターネット;カラオケ;社会
印刷

 

ミニカラオケの一室で楽しそうにデュエットする母と子(撮影:肖丹)。

春節(旧正月、今年は1月28日)連休中、女子大生の童さん(19)は、自分が制作したシングルアルバムを微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」上に「これは私の最新アルバムです。どうぞ聞いてください」というコメントともにアップロードし、多くの友人が彼女に「いいね!」を送った。彼女がこのアルバムを制作した場所は、専門の録音スタジオではなく、最近北京市内の大型商業施設に登場した「ミニカラオケ」においてだ。このタイプのミニカラオケは、消費者が「すきま時間」を利用するのにうってつけで、思い立ったらいつでもどこでも、「歌を歌いたい」というニーズにこたえてくれる。北京晨報が伝えた。

インターネットを利用した新たな娯楽スタイルが絶えず生まれており、大手カラオケチェーンの「銭櫃」をはじめとする従来のカラオケボックスは次第に衰退傾向にある。

〇新しいものにチャレンジ+歌の共有、録音も可能 

望京新世界百貨5階にはミニカラオケ「友唱Mbar」がある。2つ1組の透明ガラスで仕切られたボックスには、「01」、「02」という部屋番号が表示されている。このうち1部屋では、ちょうど歌を歌っている人がいた。各ボックスの面積は約2平方メートル、内部には椅子2脚とマイク2本、ヘッドホン2組が備え付けられており、2人用であることが分かる。壁にかけられた歌詞を表示するためのスクリーンや下の方にあるタッチスクリーンは、一般的なカラオケボックスと大差なく、微信で二次元コードをスキャンして公式アカウントをフォローすると、操作画面が現れる。

歌を選び、ヘッドホンを装着し、マイクを持ち、歌いはじめる。ヘッドホンを装着する以外は、普通のカラオケボックスで歌っているのと同じ感覚だ。部屋の外で耳をすませてみても、室内の歌声は聞こえない。一曲歌い終わると、微信で友唱から送られてくる自分が歌った歌を録音したファイルを受け取ることができる。ユニークなのはオプションとして自分のアルバムを製作できる選択項目があり、それをモーメンツでシェアできる点だ。

12次のページへ
従来のカラオケ凌駕する「ミニカラオケ」、分単位で課金や録音も可--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: