中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
インスタント麺 あの頃、誰もが食べていた「国民的食品」
  ·   2016-09-28
タグ: 食品;インスタント麺;政治
印刷

夜遅くまで残業し、お腹がペコペコになったとき、あるいは旅行中の込み合った列車の中で、湯気がもうもうと立ち込める一杯のインスタント麺を拒める人はいない。中国食品科学技術学会が発表した最新の統計データによると、国内でのインスタント麺の消費は、毎年落ち込み続けているだけではなく、食品のテイクアウトの台頭・急成長によって、インスタント麺の存在はさらに脅かされている。かつては爆発的に売れた「国民的商品」であるインスタント麺だが、最近いつ食べたか、あなたは覚えているだろうか?新華網が伝えた。

○インスタント麺は「還暦」

インスタント麺と共に、私たちはどれだけの時間を過ごしてきただろう。インスタント麺が日本で産声を上げてから、実はまだ60年足らずしかたっていない。中国でのインスタント麺の歴史も、わずか46年だ。

12345次のページへ
インスタント麺 あの頃、誰もが食べていた「国民的食品」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: