中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
まさに体力勝負のパンダ飼育員、引っかき傷で満身創痍
  ·   2016-05-20
タグ: パンダ;飼育員;社会
印刷

梅さんの手に噛みついて話さない腕白パンダ

1人の飼育担当者と幼いパンダ数頭が「竹ザル」を争奪する様子を撮影した動画が、微博(ウェイボー)上で話題になっている。動画では、女性の飼育担当者が、落ち葉を掃除しながら、「小さな国宝」たちの間を歩き回っていた。数頭のパンダは、落ち葉を入れたばかりの竹ザルに突進してザルをひっくり返す。大騒ぎのあと、落ち葉は再び地面いっぱいに広がり、一面「カオス」状態と化している。飼育担当者は、四川なまりの言葉で、「ああ!あなたたちって本当にもう!私にはもう力は残っていない……」と叫び、見物していた来園客の笑いを誘っていた。あるネットユーザーは、「国宝の腕白はひどすぎないか?落ち葉を掃いていた女性があまりにも可哀想」と感想を漏らした。 華西都市報が伝えた。

動画に写っている女性は、成都パンダ繁殖研究基地で飼育を担当する「80後(1980年代生まれ)」の梅燕さんで、同研究基地で8年のキャリアを持つベテラン飼育員だ。これまでに50頭以上のパンダの飼育を担当してきた経験があり、パンダの面倒を見ることに全精力を注いできた。「毎日処理する糞便は50キログラムあまり、運ぶ餌(新鮮な竹)も50キロを上回る。パンダの世話は、朝から暗くなるまで毎日が100%体力勝負」と彼女は話した。

 

1234次のページへ
まさに体力勝負のパンダ飼育員、引っかき傷で満身創痍--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: