中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
海外帰国組、女性が男性を上回る 主な原因は「配偶者探しが困難」
  ·   2016-03-28  ·  人民網
タグ: 女性;留学;社会
印刷

中国教育部(省)は25日、「中国・留学帰国就業青書」を発表した。これによると、ここ数年、海外留学した人のうち帰国する人の割合は70%から80%と、留学生の圧倒的多数は、留学修了後、帰国して就業するという道を選んでいる。教育部がこのほど発表した統計データによると、留学終了後、帰国してキャリア発展を目指す人は79.87%に達した。羊城晩報が伝えた。

○男性より女性が多い「海外帰国組」 博士号取得者の多くは「技術畑」調査結果によると、2014年、留学から帰国して就業した人々の割合は、女性の方が男性を上回り、59.16%を占めた。留学帰国組の80.7%は大学院修士課程修了者、博士課程修了者は9.49%、大学学部・専科修了者は9.81%だった。

 

教育部留学サービスセンター帰国処の齊黙・処長は、「留学後帰国する人の割合は持続的に高まっている。国内の発展環境がより整ってきたことがその主な理由だ。また、『海外帰国組』の割合は女性がかなり多い。これは、海外での就活・戸籍・個人問題の解決などがいずれもかなりの困難を伴うことによる。よって、今年の留学生春季就職説明会では、留学生の現実の問題を解決するために、某関連機関と協力して、『お見合いパーティ』も催した」と述べた。

留学生の専攻についてみると、さまざまな学歴によって、留学先で学ぶ専門分野には大きな違いがみられる。博士課程学生の主な専攻は、化学・材料・経済学・電子電気工学・機械工学・コンピュータサイエンスなど。修士課程学生で多かったのは、金融・会計・ビジネスマネジメント・管理学・国際ビジネスだった。学部・専科学生の専攻は、修士課程学生とほぼ同じで、ビジネスマネジメント・経済学・会計など。

12次のページへ
関連文章:
女性差別が日本の大きな足かせに 国連が何度も警告
外国人から見た中国人の妻 料理が上手以外は?
国際女性デー 都市女性の6割が家計の主導権握る
女性は父親似、男性は母親似をパートナーに選ぶ傾向
中国政府が白書「中国の性別平等と女性の発展」を発表
海外帰国組、女性が男性を上回る 主な原因は「配偶者探しが困難」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat