中文 | English | Français | Deutsch | BR America
北京週報日本語版微博
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
美しすぎてうっとり!目と舌で楽しむ桜グルメ
  ·   2016-03-24  ·  人民網
タグ: 春;桜;社会
印刷

【桜茶】満開の桜の花びらを使用しているこのお茶は、主に八重桜を塩と酢に浸したもので作られている。使用するときに沸騰した湯に浸けると明るい色になり上品で趣きがある。漬けている最中、花は一層鮮やかなピンクになり、白い塩の粒で覆われた花びらはまるで雪の中から拾い上げたかのようで季節感があり美しい。

【桜そうめん】作り方は粉末状にしたシソの葉と桜の花を麺に混ぜて、透明感のあるプルプルのそうめんを作り出す。ほのかな赤味が彩りを添えている。口当たりは新鮮で、香りにはほんのりと爽やかさを感じる。

前のページへ1234次のページへ
関連文章:
春の眠気に勘違いも?! その原因と対策
Tokyo、看到冇!武漢大学の桜の広告が東京でお目見え
世界各地のさまざまな「春節ムード」
ノーベル物理学賞は日本とカナダの研究者に
中国女性の平均寿命、2010年時点で77.4歳に
美しすぎてうっとり!目と舌で楽しむ桜グルメ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat