ホーム | 中文 | English | Français | Deutsch
【40代から始める日本人の中国生活の記録】「寝そべらない」中国の人々
「寝そべらない」中国の人々
日本には中国に対してさまざまな思いを持つ人々がいる。好意的な人、特に思い入れのない人、嫌う人などスタンスは異なれど、いずれの層にも共通しているのは中国に対して何かしらの関心を抱いているということだ。やはり需要があるせいか、中国関係のニュースが日本で報じられない日は基本、ないと言っていい。その中には冷静な分析や議論もあるが、どうしても目立つのは強い見出しで人々を煽り、誇張や誤解などを含む報道だ。いわゆる「飛ばし記事」というものだが、それらは日本人の中国理解にかなりの悪影響を及ぼしている。
 また、中国で起きている事象を紹介する際、針小棒大に報じる姿勢もしばしば見られる。実際にはごく限られた範囲の中での出来事であるにも関わらず…
  • 小旅行の楽しみ
    小旅行の楽しみ
    「旅に出たい!」と思っても、大人はそう簡単に仕事を休めない。家庭持ちの人ならなおさら時間はないだろうし、遠出はお金だってそれなりにかかる。だが、都会に暮らす…
  • 中国語で学ぶ楽しさを知る
    中国語で学ぶ楽しさを知る
    少し前になるがタレントの小島瑠璃子、通称こじるりが来年から中国に留学することを発表し、話題を呼んだ。第一報を聞いて自分が感じたのは、所属事務所がよくOKしたなということ…
  • 【40代から始める日本人の中国生活の記録】中国の教育熱.jpg
    中国の教育熱
    中国教育部のデータによると、2021年の中国における大学進学率は約57.8%で、全ての高等教育機関の在学生数は4430万人を突破した。2012年の数字では進学率が約30%であったこと…
  • 中国で暮らす日本人
    中国で暮らす日本人
    外務省の「海外在留邦人調査統計」によれば、昨年末時点での在中邦人の総数は10万7715人であったという。新型コロナウイルス感染症により人的往来に制限がある中…
  • 【40代から始める日本人の中国生活の記録】中国の日系飲食店チェーンに物申す!
    中国の日系飲食店チェーンに物申す!
    長く異国を旅していると、ふとふるさとの料理を味わいたくなることがある。そんなとき、日本から遠く離れた国の繁華街でふと寿司屋を見つけたら、ふらりと入ってしまう…
  • 敦煌と日本の縁
    敦煌と日本の縁
    中国の北西部に位置する甘粛省敦煌市。古代より東西交易の要衝として栄えてきたこの地は、世界遺産・敦煌莫高窟に代表される仏教美術をはじめとして、往時の繁栄を…
  • 中国の変化を象徴するサービス業
    中国の変化を象徴するサービス業
    急速な経済発展に伴い、中国ではここ10年の間にさまざまな変化が起きた。対外開放、技術革新、EC産業の発展など挙げていけばきりがないが、その中で何か一つ印象に…
  • 中国の人々の血脈に流れる起業魂
    中国の人々の血脈に流れる起業魂
    「石橋を叩いて渡る」「寄らば大樹の陰」「千里の道も一歩から」……いずれも地道にコツコツと頑張り、安定を求める日本人の姿をよく表すことわざである…
  • 中国で感じる美意識の変遷
    中国で感じる美意識の変遷
    かつて日本で働いていた頃、懇意にしていた中国系企業の代表から手土産をいただくことがしばしばあった。その方は日本生活が長いせいか、手渡す時に…
  • 完成结婚登记的年轻夫妻在深圳市南山区民政局婚姻登记处前留影.jpg
    中国の人々の特色ある結婚観
    人は何かを背負った時、自分が本来持つ以上の力を発揮できる。利己的な目的ではやり抜けないことであっても、愛する家族のため、大切な仲間のため、はたまた祖国の…
123次のページへ
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号-4 京公网安备110102005860

违法和不良信息举报电话:86-10-68357014