中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
いつまでも変わらないことで伝えるもの 女優・松峰莉璃さん
  ·   2017-09-21
タグ: 映画;役者;中日交流
印刷

緑に囲まれ、明るい陽光が差し込むカフェに、爽やかなレモンイエローのトップスにチェックのサブリナパンツというスタイルで現れた女優の松峰莉璃さん。リラックスしたやわらかな笑みに、インタビューを控え緊張していたその場の雰囲気もあっという間に和む。日本語と中国語で進めたインタビューだったが、その中国語はやや北京の味わいを感じさせるとても耳に心地良い話し方だった。

松峰さんといえば舞台をはじめ、ドラマ「鋼鉄年代」や「偽装者」、映画「羅曼蒂克消亡史」への出演のほか、ここ数年は脚本や演出も手掛け、多方面で活躍。そして今年7月には出産し、新たに「母親」という役も手にしている。

映画「一歩之遥」で共演した俳優の葛優とのツーショット 

ドラマ「鋼鉄年代」で一躍注目集める 

1997年から中央戯劇学院に留学した松峰さんは中国語もゼロから学ぶなど、最初は苦労が絶えなかったそうだが、在学中から数々の舞台を経験。2011年のドラマ「鋼鉄年代」の鈴木加代役で見せた一途な日本人女性の姿で一躍注目を集めるようになる。

その後も、「当時は学校の先輩後輩の関係で仕事をいただけることが多く、そうこうするうちに、そのまま中国に住み続けることに。歴史のある国や街が好きで、中国の、特に北京の人たちの自分の国や街に誇りをもつ生き方に学生時代から惹かれていたのも理由の一つ」と中国での活動を続けている。

変わりつつある抗日ドラマ 

日本人俳優の中では抗日ドラマの出演数は実は少ない方だという松峰さんだが、「史実としての戦争を役者として演じるのも一つの仕事。一方であまりに事実とかけ離れた内容であれば、遠慮させていただくというのが、私が脚本を選ぶ上での原則です。ただ、悪役でもその役柄を自分のものにし、演じていくことこそが、私にとって非常に幸せなことなので、基本的にどんな役も演じてみたい」と語る。

またその抗日ドラマも、「日本人役で出演する作品の場合、監督と結構話をしますし、他の役者さんたちも少しずつですが、これはおかしいという声を挙げるようになってきています。例えばドラマ『偽装者』も、実在したはずもない女性軍人の役ですが、監督自らが残虐さだけではない人間味のある役に書き直したいと提案してくださったりと、今は作り手側の意識も変化してきています。政府も極端に事実とかけ離れた作品を禁止した経緯もあり、現在の抗日ドラマはだいぶ良くなってきていると思います」とした。

123次のページへ
いつまでも変わらないことで伝えるもの 女優・松峰莉璃さん--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: