中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
日本、中国人観光客の爆買いが下火に 体験型にシフト
  ·   2017-09-04
タグ: 日本;中国人観光客;中日交流
印刷

東京・浅草で最近、日本の茶道を体験していた王さんは取材に対して、「今回は伊豆や熱海、富士山などに行って、風景や風土に触れ、現地の人々との交流を楽しんだ。でも、ショッピングにはそれほどお金を使っていない。今、中国国内の商品もバラエティに富み、ネットショッピングもとても便利になった。わざわざ日本で買って帰る必要はない」と語った。新華社が報じた。

このように、ショッピングではなく、体験にお金をかけている中国人観光客に、取材中たくさん遭遇した。彼らの話から、中国人観光客の日本における消費スタイルは大きく変化していることをはっきりと感じることができる。

日本政府観光局が最近発表した統計によると、2017年上半期(1-6月)の訪日外国人数は前年同期比17.4%増の1375万7300人だった。第一四半期(1-3月)の中国人観光客の消費総額は3718億円と、他の国や地域を抑えてトップだった。ただ、前年同期比では、消費総額と一人当たりの消費額がそれぞれ4.7%減と14.9%減だった。うち、一人当たりの消費額は約22万5千円にまで落ちている。

日本では、中国人観光客が大量に商品を購買することが「爆買い」と称され、15年にはユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選出され、社会現象にもなった。現在、中国人観光客の日本における購買力は少しずつ下がっており、「爆買い」は少なくなっている。

東京・新宿のある大型電器店で中国人客向けの接客をしている王さんは取材に対して、「一昨年、中国人観光客に超人気となった温水洗浄便座や炊飯器の人気は既に下火になっている。昨年、最も人気となったのは、ドライヤーやシェーバーなどの小型家電のほか、マスク、のど飴など。しかし、今年はこれらの商品を買う中国人観光客は昨年より明らかに減った」と爆買いの熱が冷めていることを話した。

12次のページへ
日本、中国人観光客の爆買いが下火に 体験型にシフト--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: