中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
松山バレエ団、中日国交正常化45周年を記念して日本で新「白毛女」上演
  ·   2017-03-08
タグ: 松山バレエ団;「白毛女」;中日交流
印刷

「中日国交正常化45周年前夜祭」のイベントとして、新編大型歴史叙事詩であるバレエ新「白毛女」の上演が4日と5日、東京にある松山バレエ団の稽古場で3回行われた。同日、駐日中国大使館夫人の汪婉氏が同公演を鑑賞し、会場はその素晴らしい公演に対する客席からの大きな拍手に包まれた。人民網が伝えた。

1948年に設立された日本松山バレエ団は、「革新的なバレエ」で世界的にも有名だ。1958年、彼らが中国の映画「白毛女」を元に改編した現代バレエ劇「白毛女」は、中国で初公演を行い、毛沢東主席や周恩来総理ら当時の中国共産党幹部や中国国民から称賛を得た。2010年9月には、日本の著名バレリーナ・森下洋子氏のデビュー60周年を記念して、同バレエ団により新しく改編しされた、新「白毛女」が発表された。70年前に生まれたこの中国の物語は、60年前に日本の同バレエ団を作った人々によって、バレエ舞劇に改編されて以来、これまでに4回の改編が行われた。

今回のイベントは、松山バレエ団が2017年中日国交正常化45周年を記念した上演で、中国での初公演以来、今年で15回目の訪中公演も計画しているということだ。(編集TK)

「人民網日本語版」2017年3月8日

松山バレエ団、中日国交正常化45周年を記念して日本で新「白毛女」上演--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: