中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
中国から日本に伝わった伝統工芸 伝統へのこだわりとイノベーション
  ·   2015-09-24
タグ: 日本;伝統工芸;中日交流
印刷

中国と日本は、一衣帯水の隣国であり、2000年以上の交流の歴史を持つ。そして、相互交流の中で、中国は、先進技術や宗教、文化、食習慣、生活習慣などを日本に伝えた。筆者はこのほど、日本の政治や文化、経済の中心であり続けた関西地方を訪問し、中国から日本に伝わった伝統工芸を取材した。伝統工芸に携わる職人たちは、伝統にこだわりながらも、新しい商品などの開発に取り組み、伝統工芸に新たな魅力を加えていた。人民網が報じた。

手作業で錫器を製造する大阪錫器の職人。

1.大阪錫器

錫器(すずき)は西暦7-9世紀に、中国から日本に伝わった当時、宮中での器や有力神社の神酒徳利、榊立などの神仏具としてごく一部の特権階級のみ使用されていた。その後、江戸時代に、生活用具として一般家庭の生活の中に浸透していくようになった。そして、技術が発展するようになり、錫を使って酒器や茶器、食器、装飾品なども作られるようになった。

近年、生活スタイルが変化するにつれ、日本の若者が錫器を使うことはあまりなくなった。そのため、錫器を製造する「大阪錫器」は、伝統的な生産工芸を堅持しながらも、イノベーションにも取り組み、若者のライスタイルに合わせた商品を開発し、人気となっている。

1234次のページへ
中国から日本に伝わった伝統工芸 伝統へのこだわりとイノベーション--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: