中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の春節期間に8億人がSNSでお年玉 北京・広州・重慶が上位
  ·   2019-02-12
タグ: お年玉;春節;経済
印刷

中国のSNS微信(WeChat)が10日に発表した2019年春節(旧正月、今年は2月5日)データ報告によると、大晦日にあたる4日から9日までの間に、微信のメッセージ送信件数は前年同期比64.2%増加し、のべ8億2300万人が微信のお年玉を贈ったか受け取ったという。「銭江晩報」が伝えた。

同期間の微信のメッセージ送信件数は前年同期比64.2%増加し、微信のお年玉を贈ったか受け取った人は同7.12%増ののべ8億2300万人となった。大晦日は微信の動きが最も活発になり、単日のメッセージ発信件数とモーメンツの情報量がピークに達した。このうち90後(1990年代生まれ)はモバイルインターネットの世界の中心に成長し、微信のメッセージを最も多く発信し、モーメンツの情報が最も多く、スタンプを最も多く利用し、お年玉を贈るのも受け取るのも最も多い、「4つの最も」を達成した。

同機関のお年玉送受信量の都市別番付では、北京市、広州市、重慶市がトップ3に並んだ。このうち1位の北京は「今年のお年玉都市」に選ばれ、お年玉を贈るのも受け取るのも全国最大の都市として、他都市の人にうらやまれるような「愛し愛されることの喜びを最もよくわかっている」都市になった。(編集KS)

「人民網日本語版」2019年2月11日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: