中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
「改革開放40年経済社会発展成果報告」統計局が発表
  ·   2018-08-30
タグ: 改革開放;経済社会;経済
印刷

国家統計局はこのほど、改革開放40年間の経済社会の発展成果に関する報告書を発表した。報告書では、「改革開放以来、中国の経済社会の発展は40年にわたる非凡な輝かしい歴史的道のりを歩み、世界に注目される歴史的成果を上げ、空前絶後の歴史的変革を遂げた」と指摘している。人民日報海外版が伝えた。

▽経済発展は新たなステージへ

同報告書によると、この40年間で中国経済は大きく変化した。1978年の国内総生産(GDP)はわずか3679億元(1元は約16.3円)だったのが、2017年は80兆元という歴史的に新たなステージに突入し、82兆7122億元に達した。

この40年間で、中国経済の規模は世界2位に躍進し、総合的国力と国際的影響力は歴史的飛躍を遂げた。78年の経済規模は世界11位だったが、10年に日本を抜いて世界2位のエコノミーになった。17年のGDPは米ドル換算で12兆3千億ドル(1ドルは約111.2円)になり、世界経済全体の約15%を占めた。ここ数年、世界経済に対する中国の寄与度は30%を超え、中国はますます世界経済を成長させる原動力の源となり、安定させる碇の役割を果たすようになった。

経済構造が重大な変革を達成し、発展の協調性と持続可能性が目立って向上した。17年にはサービス業の割合が51.6%に上昇し、78年を27ポイント上回り、経済成長に対する寄与度は58.8%で、同30.4ポイント上昇した。経済成長は第二次産業が中心になって牽引するものから第三次産業が共同でもたらすものへと変化している。17年末の常住人口の都市化率は58.52%で、78年末比40.6ポイント上昇し、年平均1ポイント上昇した。都市部住民と農村部住民との所得格差が縮小を続け、10年以降は農村部住民の所得の実質増加率が8年連続で都市部を上回った。

対外経済の発展の成果がめざましく、全方位的な開放の新局面が徐々に形成されている。改革開放の初期には、中国の対外的経済活動はごく限定的で、78年の貨物輸出入額は206億ドルにとどまり、世界29位だった。17年は4兆1千億ドルで78年の197.9倍に増え、年平均増加率は14.5%で、世界一になった。外資系企業による投資の規模と分野も拡大を続ける。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: