中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
一線・二線都市の土地取引量が減少 5月
  ·   2018-06-11
タグ: 土地取引量;減少;経済
印刷

  2018年5月には、地方都市が土地政策が相次いで発表される時期に突入したため、一線都市と二線都市は土地の取引量がまたもや減少し、三線都市と四線都市は逆に増加を続けた。「経済参考報」が伝えた。

克而瑞不動産研究院が9日に発表したデータをみると、5月の土地市場では供給が小幅に回復し、全国330都市では事業用地の供給面積が1億8661万平方メートルに回復し、前月比19%増加した。ただ前年同月に比べると8%減少した。また5月に供給された土地は2980筆に上り、前月比14%増加し、前年同月比11%減少した。

4月は土地市場が低迷し、5月は取引規模が前月に比べて増加した。1月、3月、5月の取引規模が相対的に大きく、2月、4月は小さかった。

注目されるのは、今月の土地市場の動きをみると、全体として「量が増加して価格が低下する」運営状況になっており、その主な原因として一線・二線都市の土地取引が大幅に減少して、入札にかけられる土地が基本的になくなり、土地取引はしばしば冷え込み、底値で取引される土地が急速に増えたことが上げられる。

同研究院のアナリストは、「一線・二線都市の土地取引が冷え込んだ主な原因として、事業用地の譲渡が多く、自己保有率について高い要求があることや、立地が相対的に遠いことが上げられる。厦門(アモイ)、成都、天津では用地の入札を予定しながら応じる人がおらず、入札が流れたこともある。一方、三線・四線都市の土地取引量は増加を続けた」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年6月11日

シェア:
一線・二線都市の土地取引量が減少 5月--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: