中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
自動運転車・コネクテッドカー・新エネ車がCESの注目点に
  ·   2018-01-12
タグ: 自動車;メーカー;経済
印刷

  世界最大の家電見本市「CES2018」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー2018)が9日に米国・ラスベガスで開幕した。中国の小鵬汽車も出展し、中国の自動車製造業界の新勢力がCESで量産型インターネット自動車をお披露目する初の機会となった。同時に、世界の大手自動車メーカーが打ち出したネット自動車、新エネルギー車、自動運転のコンセプトカーも次々登場し、今年のCESの最大の注目点になった。「華西都市報」が伝えた。

▽「ブラックテクノロジー」自動車が最大の注目点に 

CESの会場となったラスベガスコンベンションセンター北館に足を踏み入れると、各メーカーの新車にたちまち目を奪われる。ベンツ、BMW、ランボルギーニ、アストンマーティンなど、ここがCESの会場と知らなければ、モーターショーに来たと勘違いしそうだ。歴代のCESは世界の消費電子産業のバロメーターとなっており、今年は各種の自動運転車、ネット自動車、新エネ車が最大の注目点であることは間違いない。

小鵬汽車の新エネ車、百度の自動運転プログラム「アポロ」、楽視公司の戦略的協力パートナー、ファラデー・フューチャー社のFF91、フォルクスワーゲン(VW)「マゴタン」の新エネ車、ベンツのネットコンセプト車、拝騰汽車初のスポーツ用多目的車(SUV)のコンセプト車「コンセプト」、アウディとブラックベリーが打ち出した「DBLL」は、どれも来場者や出展メーカーの注目の焦点になった。

トヨタ、ヒュンダイ、BMWなどの既存の大手メーカーも人工知能(AI)と新エネルギーに焦点を絞り、それぞれのブースでオリジナリティあふれる手法によりAIコンセプトを披露した。コンピューターグラフィックを得意分野とするNVIDIAがミシュランなどと提携して打ち出したコンセプトカーは、個性的な造形と加速度によってたちまちCESの花形になった。

▽中国メーカーが注目集める 

華為、百度(バイドゥ)、阿里巴巴(アリババ)、騰訊(テンセント)、科大訊飛、大疆、TCL、海爾(ハイアール)、長虹……中国国内で高く評判されている企業なら、そのほとんどの姿を今回のCES会場で見かけることができる。TCLと華為は2つの会場の入り口の広告スペースを借り切り、中国製造(メイド・イン・チャイナ)から中国創造(クリエイト・イン・チャイナ)への転換をありありと感じさせた。

百度の自動運転、DuerのAI、蘇寧の無人スーパー、華為のAI携帯電話、科大訊飛のインテリジェント言語装置、長虹の4Kレーザーシアター……中国企業はCES会場のほぼ半分を「占拠」した。

消費電子ブースを見ると、ほとんどの製品がAIと密接な関わりをもっていた。インテル、サムスン、ソニーなどの大手ブランド企業は各社のAI製品を打ち出し、高級車ブランドのインフィニティも価格7600ドル(約85万円)のマッサージチェアに音声認識機能を搭載し、電気機器大手オムロンが出品した卓球ができるロボットもAIの代表的製品の1つになった。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年1月11日

 
自動運転車・コネクテッドカー・新エネ車がCESの注目点に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: