中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の無人小売り店舗が新人工知能時代に突入
  ·   2017-11-06
タグ: 無人コンビニ;人工知能;経済
印刷

新システムはフロントエンドで、ムーブメント商品棚と画像認識を通して決済し、正確なユーザーの行動データをリアルタイムに収集できる。その際に、効果的に手配、エキスポートし、店側にプランを提供できる、強力なバックグランドシステムが必要になる。「小范FAN AI」のバックエンドは、人工知能、ビッグデータで、バックグランドのスマート在庫管理システムを通して、商品の販売、在庫の状況をすぐに知ることができる。システムはサプライチェーン情報や販売データを通して、仕入れや販売促進などに関する販売計画を立ててくれる。また、最先端の防犯リカバリーシステムと組み合わせて、各店舗の正常な運営を確保する。繽果盒子は、「小范FAN AI」を通して、今後増える店舗の管理、運営を行い、市場での地位を強化する考えだ。

取材では、最小で4人からなる運営チームで、繽果盒子40店舗を管理でき、各店舗の運営コストは従来のコンビニの15%にすぎないことが分かった。「小范FAN AI」は、新しい店舗に導入され、ムーブメント商品棚、画像認識技術は今年中に商用化されるという。

無人販売業界にとって、コピーし、大規模化できるかは大きなカギとなる。陳氏は、「店舗展開の必要に合わせるために、半年かけて組み立て式の店舗を打ち出した。それを採用することで、ほとんどの場所へ店舗設置することができ、輸送コストや施工コストを大幅に削減することができる。また、組み立て式の店舗は、将来のハードウェアのグレードアップのために基礎を据えることができる。現在、組み立て式店舗の研究開発は既に終了し、量産の段階に入っている。今年末には、毎月3500台を作ることができるようになるだろう。つまり、今後数ヶ月、当社の店舗拡大のペースは一層加速するということ」としている。

統計によると、2016年8月に、中国で初の無人コンビニが設置されて以降、繽果盒子は他のブランドに勝るペースで店舗拡大を進めている。今年9月28日の時点で、繽果盒子は北京、上海、広州、深センなどの一線都市を含む中国22都市に158店舗を構えている。同社は今後、中国東部地域の人口密度が高いエリアで運営テストを行った後、人口密度の低い内蒙古(モンゴル)自治区鄂爾多斯(オルドス)市で、無人コンビニの展開を試みる計画だ。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年11月6日

前のページへ12
中国の無人小売り店舗が新人工知能時代に突入--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: