中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の無人小売り店舗が新人工知能時代に突入
  ·   2017-11-06
タグ: 無人コンビニ;人工知能;経済
印刷

中国では、無人コンビニはまだ完全に普及してはいないものの、人工知能の時代に急速に突入している。無人スーパー・繽果盒子(Bingo Box)は最近、人工知能を活用した新型無人小売りシステム「小范FAN AI」を打ち出した。同システムは、画像認識、人工知能、ビッグデータ、機械学習技術を融合し、サプライチェーンから商品管理、販売促進までの販売チェーンを開通させ、データ収集をより正確に行い、商品管理を秩序よく行い、販売促進を効果的にすることができる。経済日報が報じた。

同システムでは、これまで広く使用されていた自動認識技術RFIDに変わって、画像認識技術を採用することで、商品にラベルを貼る手間を省いて人件費の節約につなげるほか、技術改良コストも抑えることができる。その他、同システムのレジでは、画像認識、超音波、センサーなど、マルチ交差検証を採用することで精度は99%以上となっている。繽果盒子の創始者・陳子林氏によると、画像認識技術の研究開発に1年かけ、機械学習、画像認識、センサーなどの技術を組み合わせた。

その他、あまり注目されることはなかった商品棚が、「スマートデータ収集センター」になっている。繽果盒子が打ち出した「ムーブメント商品棚」は、カメラを通して、商品棚の上の全ての情報を読み取ることができ、顔に関するデータ、視覚データ、動作データなど、ユーザーの行動に関する情報を人工統計よりさらに正確に収集し、バックグランドに最先端の資料を提供することができる。また、この商品棚には専用のモニターが搭載されており、必要に応じて随時商品の値段を変えたり、状況に合わせた販売促進情報を表示したりできる。従来の商品棚と比べると、ユーザーに接触する新しいルートで、無人小売りシステムの中でも重要な位置を占めている。

12次のページへ
中国の無人小売り店舗が新人工知能時代に突入--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: