中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
国慶節連休が各国商店の書き入れ時に 世界数十万の店舗で支付宝を導入
  ·   2017-10-11
タグ: 支付宝(アリペイ);大型連休;経済
印刷

タイのキングパワー免税店の海外マーケティング部門の責任者は、「中国人の海外旅行は団体ツアーから個人ツアーへ転換しつつあるので、われわれが提供するサービスもそれに伴って変わらなければならない。中国人は世界でモバイル決済を最もよく利用する観光客だろう。モバイル決済は確かに非常に便利なものだ。他の国はこの面に関して、中国の経験を参考にする必要がある」と見ている。

日本の成田国際空港リテール営業部部長の話によると、今年の国慶節大型連休の期間中、中国人観光客のために、成田空港は免税店や観光客サービスセンターの増設、支付宝のような中国モバイル決済の普及率の向上といったサービスのグレードアップを実施したという。中国人観光客は購買力が物凄いだけでなく、支払い方法も先端的で、いずれもモバイル決済が好きだ。現在、成田空港で支付宝の普及率は92%に達しているという。

今年の1月から7月にかけては、フィンランドに行く中国人観光客の数は昨年同期比で43%増となった。フィンランド観光局のグローバルマーケティングの責任者は、「フィンランドを訪れる中国人観光客が増加し続けるにつれて、フィンランド側は中国人観光客の旅が良いものになるよう、彼らのニーズをいち早く理解しなければならない。支付宝の導入は一つの重要な手段であり、このお陰で、フィンランドを訪れる中国人観光客が食事や買い物、宿泊する際に、支払いがより便利になっている」とした。

ニュージーランドのクライストチャーチ空港の社長は、「中国人観光客のニーズに応えるために、いろいろ工夫を行った。例えば、中国語ガイドの増設。特に支付宝の導入が重要で、スマートフォンで支払いもできる。中国にはこうした便利なサービスがあって、他国の観光客もその先端的なインターネット技術を羨ましがっているだろう」と話した。(編集HQ)

「人民網日本語版」2017年10月10日

前のページへ12
国慶節連休が各国商店の書き入れ時に 世界数十万の店舗で支付宝を導入--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: